« 震災後の大谷海岸 | トップページ | 津谷川橋梁とヒマワリ »

2011年8月18日 (木)

途切れたレール

写真は大谷海岸駅のレールですが、ここで途切れてしまっていました。

レールがあるのは駅ホーム近辺だけで、向こう側もレールが無い状態です。

いつの日かこの地に再びレールが敷かれ、ジョイント音を響かせて列車が走る日は来るのだろうか。。。

撮影:2011/08/15

|

« 震災後の大谷海岸 | トップページ | 津谷川橋梁とヒマワリ »

ローカル線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

震災」カテゴリの記事

JR 気仙沼線」カテゴリの記事

コメント

土嚢工事は終わったようですね。
それにしても大谷の惨状は予想なんか問題にならないほどでした。
本当に気仙沼線は復活するのだろうか?
他の線区も一体どうなるのやら。。。

昨年の桜の季節に気仙沼でお会いしたのが幻のようです。

投稿: 水無月 | 2011年8月20日 (土) 23時23分

>水無月さん
土嚢は大谷海岸全域にわたって積まれていましたが、
土嚢の数の多さにびっくりでした。これなら余程大きな津波でない限りは大丈夫でしょう。
大沢や赤牛では流出した築堤を再生しているようにも見える工事をしていたんですが、
単に津波対策としてのものなのか、気仙沼線の工事なのかは判断がつきませんでした。

あれから1年経ちましたが、3.11を境に全く別の世界を生きているように思えます。。。
そういえば冬に陸東にSLが走るようなら行きたいと思っていますが、ちょうど2人目が
産まれて間もない頃だと思うので、行けるかどうかは微妙な感じですね(^^;

投稿: chao | 2011年8月21日 (日) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/41268694

この記事へのトラックバック一覧です: 途切れたレール:

« 震災後の大谷海岸 | トップページ | 津谷川橋梁とヒマワリ »