« テツコ食べる。 | トップページ | 水辺のたんぽぽ »

2011年5月11日 (水)

気仙沼線 また逢う日まで

気仙沼線は前谷地と柳津の間で運行を再開していますが、依然として陸前戸倉と気仙沼の間は被災されたままの状態のようです。

JR東日本は津波の被害を受けた7路線について復旧するということを明言していますが、三陸鉄道は自力の復旧は不可能、国などの支援が必要とのことなので、しっかりとした支援をお願いしたいと思います。


今回のスライドショウは、Googleマップが連動して撮影地に移動するようにしてみました。

またいつの日か鉄路が復活してジョイントやタイフォンの音が響き渡り、これまでに撮影した写真のような光景にまた巡り逢えることを願いつつ、このスライドショウを公開致します。

ちなみに私的なBGMとして、気仙沼出身で歌唱力抜群の畠山美由紀さん『輝く月が照らす夜』がオススメです(^^)

畠山さん、今は帰郷中で避難所などで活動、5/14には仙台の勾当台公園でフリーライブなんですね。いいなぁ、行きたいなぁ(^^;

|

« テツコ食べる。 | トップページ | 水辺のたんぽぽ »

ローカル線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

JR 気仙沼線」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。素晴らしい写真のスライドショーを目頭を熱くしながら見させていただきました。気仙沼線は、被災した集落の移転などでルートの変更とかあるかもしれませんね。そうなると海沿いを走る気仙沼線の姿は見られなくなってしまうかもしれないので、スライドショーの様な光景も見られなくなってしまうかもしれませんねぇ。貴重な記録写真をありがとうございました。

投稿: kiha28 | 2011年5月12日 (木) 11時04分

>kiha28さん
どうもお久しぶりです。
嬉しいコメントありがとうございます!
そうなんですよね、気仙沼線はもう海沿いを走ることは無いんではないかと思っていますが、
ある程度の津波に耐えうるようにしようと思えば内陸部に移設するのはやむを得ませんよね。
しかし街づくりと鉄道の活用について良く考えて議論を重ね、拙速な判断が無いように
していただきたいです。

投稿: chao | 2011年5月13日 (金) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/39953850

この記事へのトラックバック一覧です: 気仙沼線 また逢う日まで:

« テツコ食べる。 | トップページ | 水辺のたんぽぽ »