« 石巻線 涌谷-前谷地 (青空覗く曇り空・こがね) | トップページ | 石巻線 浦宿-沢田 (太陽・青空・C11325) »

2009年10月14日 (水)

昔日の記憶

午前の撮影が終わった後は、女川駅へ行って旧客の写真などを撮っていました。

窓越しに日が差した車内を見ると、そこだけまるで時間が逆戻りしたかのような光景が広がっていました。

撮影:2009/10/11

|

« 石巻線 涌谷-前谷地 (青空覗く曇り空・こがね) | トップページ | 石巻線 浦宿-沢田 (太陽・青空・C11325) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

これも、とっても好きです。
キャンプションもすてき。
ブルーのベルベット地が光に映えて。

どんな記憶をこの座席は抱え込んでいるのでしょうね。
年季の入った床も良い感じ。想像が膨らみますね~。

投稿: 裏香織 | 2009年10月17日 (土) 14時07分

>裏香織さん
今や鉄道文化財とでも言うべき旧型客車は、どう撮っても絵になりそうです。
まず被写体が良かったのが一番ですね(^^)
国鉄時代には全国で日常の足として走っていた普通列車の客車として
あらゆる人々の記憶を乗せて、そして今は特別なイベントの列車として
楽しい記憶を乗せて、この時代まで生き残った幸運と、そして他の大多数の
仲間が消えてしまった寂しさとを秘めながら余生を噛み締めているんでは
ないかと想像します。
今回は3両の旧客が使われていましたが、他の2両は床がリノリウムで、
木の床はこの車両だけでした。
何とこの車両は昭和13年12月生まれだそうで、御年70歳ということです!

投稿: chao | 2009年10月18日 (日) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/31788599

この記事へのトラックバック一覧です: 昔日の記憶:

« 石巻線 涌谷-前谷地 (青空覗く曇り空・こがね) | トップページ | 石巻線 浦宿-沢田 (太陽・青空・C11325) »