« 磐越西線 津川-鹿瀬 (杉林・C57180) | トップページ | 散る紫陽花 »

2009年7月 7日 (火)

闇を見据えて

マクロ撮影でも黒い背景で撮りたくて、こんな感じにしてみました。

どの世界にも闇の部分はあるものですが、闇が無くて光でフラットになった世界というのは味気無いものではないかと思ったりします。

この世の闇を肯定するわけでは全くありませんが、闇の成す事についてもしっかりと見据えることで見えてくることもあるだろう、と思います。

撮影:2009/07/06

|

« 磐越西線 津川-鹿瀬 (杉林・C57180) | トップページ | 散る紫陽花 »

」カテゴリの記事

コメント

ほおぅっと、溜息が出るような美しさですね~。
真っ黒な背景に浮かぶ、額と花。
紫陽花の花そのものの美しさが、こんなにクッキリと
見えたのは初めて。
肉眼より、勝る画像に、オドロキですw。
闇のなす事・・・見極める目を養っていきたいですw。

投稿: 裏香織 | 2009年7月 8日 (水) 21時47分

>裏香織さん
紫陽花の小さな花が咲いてしまうと、紫陽花の見頃もあと少しかぁ、
とちょっと寂しく思うこともありますね。
紫陽花って、本来の意味での花期って短いのかなぁ、なんて思ったりします。

善の行いであると刷り込まれることで、自ら進んで自らの力を削ぎ落とす方向に
駆り立てられているような、そんな巧妙な闇のワナが仕掛けられているのがこの世界
なのかな、と思ったりもするのです。。。

投稿: chao | 2009年7月11日 (土) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/30450482

この記事へのトラックバック一覧です: 闇を見据えて:

« 磐越西線 津川-鹿瀬 (杉林・C57180) | トップページ | 散る紫陽花 »