« 北海道旅行記 小樽のガラス屋さん | トップページ | 錦町公園の梅1 »

2009年3月10日 (火)

北海道旅行記 小樽の街を見下ろす

その後は有名な北一硝子を見学し、街を見下ろせる神社へとやってきました。

小樽はなかなか素敵な街でありました。

今度また行けたら行きたいですね~

撮影:2004/08/10

|

« 北海道旅行記 小樽のガラス屋さん | トップページ | 錦町公園の梅1 »

北海道旅行」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おはようございま~す。
小樽の街の美しい風景、堪能させていただきました。
いっぱいの想い出が詰まっていて、
近くなのに、もうきっとあまり訪れることのない街。

運河の近くに運河プラザというのがあって、
漢子がバレエの発表会前にそこで、通しの練習をしたこと。
小樽運河を守る会という活動の重さと分裂、
北一硝子でお買い上げした小さな小さな硝子細工と
お気に入りの器。

伯母との想い出等々。懐かしくて嬉しかったですw。
今はすっかり観光でもっている街ですが、
スウィーツで成功したルタオなんかもお土産の代表格に
なりましたよね~。あまとうという、昔ながらのお店も
まだあるのかなぁ~。
ときどき、ふっと行ってみたい街ですね。

小樽では児童文学のセミナーみたいなのを
主催しているところがあって(正式名称はど忘れ)、
大江健三郎と河合隼雄、谷川俊太郎というゴーザスな
メンバーでファンタジー文学賞受賞記念の鼎談のようなことが
随分以前に行われ、興味深い話をいっぱい聞いたことも
思い出されました。大江さんが、奥方とケンカすると奥方が
無口になって、いきなり源氏物語を読み始めるんだって(爆)。
良いなぁ、そんな格調高いケンカ・・・・とか、思っちゃった。くすくす。

投稿: 裏香織 | 2009年3月12日 (木) 07時07分

>裏香織さん
小樽の写真、お楽しみ頂けたようでなによりでした。
たまにはフラっと訪れてみるのもいいかもですよ(^^)
今度は札幌編が始まります。ご期待に沿えるかどうか、解りませんが(^^;

漢子さんはバレエを習っていたんですね~、ウチのテツコは何に興味を持つのか楽しみですね。
今の小樽運河は道路を作るために半分埋め立てられたものなんですね。
保存運動があったことなど、全く知らずに訪れていました。
そういえば、最近ニュースになった鞆の浦埋立て架橋計画問題を思い出しました。
なんとか橋が架からず保存されるといいんですが。。。
便利でいいから、ということを選択したおかげで全国どこに行っても同じようなものになってしまいましたから、
同じことを何度も繰り返して欲しくはないと思うのですが、結局は住んでいる人たちが何をよりどころにして
日々生活しているか、などの意識に関わることなんですよね。。。

ルタオのスウィーツ、北海道物産展がやってきたらまた買って食べてみたいです(^^)

小樽には大先生をも引き付ける何かがあるんですね~
小樽、ホントにまた行ってみたいところです。

投稿: chao | 2009年3月13日 (金) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/28561559

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行記 小樽の街を見下ろす:

« 北海道旅行記 小樽のガラス屋さん | トップページ | 錦町公園の梅1 »