« 三川の将軍杉 | トップページ | 謎の坊さん »

2009年3月 5日 (木)

手水舎の龍

こちらは仙台市内は青葉神社の手水舎にある龍であります。

これと同じものをどこかで見かけたことがあるので、量産品なんですね(^^;

撮影:2006/06/18

|

« 三川の将軍杉 | トップページ | 謎の坊さん »

史跡・神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
手水舎の龍、量産品でも雰囲気ありますねぇ。

北海道神宮の手水舎には、龍なんかいなかったような・・・。
手を清めるの好き。神社の境内で。
木に抱きつくのも好き。
大きなイチョウにカンドーン!
きっと、中で水が流れてる音が聞こえると思うの。
1000年も生き続けて。

人間の寿命って、ホントに短いですね。
テツコちゃん、ますます可愛さが増して。
会社に出かけたくなくなっちゃう?

投稿: 裏香織 | 2009年3月 7日 (土) 08時07分

>裏香織さん
青銅でできているようで、濃い青緑色がいいですね。
龍の細工もなかなか精巧で、量産品とはいえ、
一品ずつ手で仕上げられていると思いました。

仙台の東照宮でも手水舎があって、作法が書いてあるんですが、
メンドウなので柄杓で水をすくって手にかけてオシマイ、にすることがあります(^^;
後ろに人が並んでたりすると、いちいち全部やるのも気が引けます(^^;;

1000年の大銀杏は近くで見ると、その威容に圧倒されます。
今度五能線の撮影に行ったときにまた立ち寄って、そのときは耳を幹につけて
音を聞いてみようかしら。

今から1000年後ってどうなってるんだろなぁ、って思いますが、
天上からずっと見ていたい気がします。
でも輪廻転生があるなら、またこの地に生まれたいなぁ、と思いますね。

テツコは少しずつ成長しているのが解りますね(^^)
「むすんでひらいて」をテツコの手を取ってやっているときに、
「その手を上に」のところで自分から手を上げてニッコリしたのには驚きました(^o^)
今はもう飽き気味なのでやってくれませんが(^^;;;

投稿: chao | 2009年3月 8日 (日) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/28488797

この記事へのトラックバック一覧です: 手水舎の龍:

« 三川の将軍杉 | トップページ | 謎の坊さん »