« 米坂線 小国-羽前松岡 (雪解けの山肌・キハ58) | トップページ | 仙山線 陸前白沢-愛子 (701系) »

2009年2月 2日 (月)

急行型車両ボックス席

キハ28or58型の車内のボックス席です。

急行型の特徴は肘掛が窓側にもついていること、なのだそうですが、個人的にはボックス席ならどっちもどっち、という感じで、窓側に肘掛が無い普通型車両でも特に不便を感じたことはありません(^^;

それよりも垂直に屹立した背もたれが腰にきついことこの上なく、この点ではベンチ型シートの方が背中を後ろに傾けることが出来て、背もたれがランバーサポートの役割を果たしてくれるので腰が楽ですw

それでもやっぱり、できればボックス席を確保して進行方向に向かって窓側に座るのが、旅の趣きがあっていいのであります。

撮影:2006/03/25

|

« 米坂線 小国-羽前松岡 (雪解けの山肌・キハ58) | トップページ | 仙山線 陸前白沢-愛子 (701系) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/27715813

この記事へのトラックバック一覧です: 急行型車両ボックス席:

« 米坂線 小国-羽前松岡 (雪解けの山肌・キハ58) | トップページ | 仙山線 陸前白沢-愛子 (701系) »