« 尋常小学校の授業 | トップページ | 暗雲と夕映えの風車 »

2009年2月 7日 (土)

武家屋敷の入口に立つ

こちらは春蘭亭と名づけられていますが、昔は武家屋敷だった建物です。

中では囲炉裏で火が焚かれ、その周りで食事を楽しむことができます。

また行ってみたいですね~(^^)

撮影:2007/01/14

|

« 尋常小学校の授業 | トップページ | 暗雲と夕映えの風車 »

建築」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

なんとなくこの地域は行きそびれていました
一度写真を撮りにいってみようと思います
いつも撮影ポイント参考にしています

投稿: prisoner6 | 2009年2月 8日 (日) 07時46分

お早うございます。
明治村・・・というのがあるのですね。
ここで、お食事!いいですねぇ。

春蘭亭という名前もステキ。行ってみたいところがいっぱい。
風車も良いですねぇ。

↓E.フロム、これ、大学時代の宗教ゼミの教材でした。
神父さま相手に、なかなか小生意気なレポートを書いたことを
思い出しました。ちゃんと優でしたよ。えっへん。くすくす。
奥さま、お幸せですね。こんなに、守って頂けて。
風邪早く治りますように。chaoさんもお大事にね。
一番元気なのはテツコちゃん?お風邪がうつりませんように。

投稿: 裏香織 | 2009年2月 8日 (日) 08時26分

>prisoner6さん
登米は見所が結構あって侮れません(^^)
食事は余裕があれば東海亭のうな重がオススメです。
デザートは海老喜商店の味噌アイスが話のタネにいいかもしれません(^-^)


>裏香織さん
周辺には昔の建物がいくつか保存されていて、なかなか良い場所です。
鉄道が通ってないのが玉に瑕?でありますが(^^;
昔は鉄道が通ってたんですけどね。。。
風車はこちらにも写真を載せてました。

宗教ということは、マックス・ウェーバーなんかも読まれてましたか?
社会学関連は興味があって数年前に読んでたことがありました。
私は大学の専攻は無機化学でしたので、当時人文系の書物はほとんど読んでませんでしたが、
1年の教養課程では日本史(といっても民俗学でしたが)と心理学が面白かったのを覚えてます。
しかし私は大学ってほとんど就職までのモラトリアムに過ぎなかったような。。。
正直言って勉強する気ほとんど無しでしたから(^_^ゞ
嫁さんの風邪は快方に向かっていて、後は無理しなければ大丈夫そうです。
テツコは相変わらず健康そのものです。これが我が家では一番ですね(^-^)

投稿: chao | 2009年2月 9日 (月) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/27876119

この記事へのトラックバック一覧です: 武家屋敷の入口に立つ:

« 尋常小学校の授業 | トップページ | 暗雲と夕映えの風車 »