« カモメが飛んだ | トップページ | 急行型車両ボックス席 »

2009年2月 2日 (月)

米坂線 小国-羽前松岡 (雪解けの山肌・キハ58)

一昨日に載せた写真の撮影を終え、羽前松岡駅で列車を待っているときに、これから乗る列車をホームで撮りました。

向こうに見える山の斜面で所々地肌が見えています。

山肌が雪の溶け具合で動物の模様に見えたりして、その模様で農作業の開始時期を判断していた、なんて話はよく聞きますね。

撮影:2006/03/25

|

« カモメが飛んだ | トップページ | 急行型車両ボックス席 »

ローカル線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

JR 米坂線」カテゴリの記事

コメント

夕方の寒々とした雰囲気がしんしんときます。
これで風なんかあったりしたら、強烈に寒いだろうなぁ。
この車両が、真新しい電車になってしまったら、全く違った印象になってしまうのでしょうね。
古きよき時代を懐かしんでばかり入れないのですが・・・

投稿: hantomo | 2009年2月 3日 (火) 07時24分

>hantomoさん
この日は春先の気持ちのいい好天でしたが、さすがに日が暮れると
結構寒いのでありました。
車両が新しいのになってしまうと、なんだか旅をしている、という雰囲気が
ちょっと軽いものになりそうで。。。
でも周りの風景は変わらずそこにありますから、車両が変わってもまた
撮りに行きたいですね。

投稿: chao | 2009年2月 3日 (火) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/27714956

この記事へのトラックバック一覧です: 米坂線 小国-羽前松岡 (雪解けの山肌・キハ58):

« カモメが飛んだ | トップページ | 急行型車両ボックス席 »