« 都会のハレの雪だるま | トップページ | うさぎの足跡 »

2008年12月 9日 (火)

冬の立ち木

今日は全く撮影することができませんでしたので、過去の写真から1枚引っ張り出してきました。

青森県の蔦温泉の背後に広がる蔦沼の光景です。

沼は一面雪で覆われ、ぽつんと立っている1本の木が寂しげでありました。

撮影:2006/01/07

|

« 都会のハレの雪だるま | トップページ | うさぎの足跡 »

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。蔦温泉!
いいですねぇ。行ってみたい温泉のひとつです。
リンクして下さっていたので行ってみたら、
また一層行きたくなりました。温泉は、ほかほかになるモノ。
からだも、心もね。

レンズベビーも見てきましたよ~。
へぇ~。んでもなかなか扱いが難しいんですね。
やぱしスキルじゃないですか(笑)。

雪の中に佇む一本の立木。うん。
ステキ。背景の白い林もステキ。
見慣れた感強し(笑)だけれど、こうはいかないモノ。
自分では。くすくす。
一歳児のプレゼント。・・・たしか、木馬だったかなぁ。
魔窟のどこかに(爆)あるなぁ。木製のおもちゃって、いいですよね。
ボーネルンドのおもちゃとか、好きでした。懐かしい~。

投稿: 裏香織 | 2008年12月10日 (水) 06時26分

う〜ん・・・東京だと絶対に見られない光景だ・・・。
以前、TVで良さげな雪化粧の村の映像が流れていた時に
「いいなぁ、こういうところで静かに暮らすのもいいよなぁ・・・猫や犬とも暮らせるしさ」とつぶやいたら
雪国育ちの奥さんに「甘い!幻想だ、忘れろ!」っと一蹴されました(笑)

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年12月10日 (水) 21時52分

>裏香織さん
蔦温泉に行っておきながら、未だに温泉には入ったことが無いのでありました(^^;
いつか宿泊して温泉に入ってみたいです。ホントに。
昨年までは年末クリスマスの時期に嫁さんと温泉行ってましたが、今年はどうかな?
仙台の秋保に子供連れOKな宿があると嫁さんが見つけたんですが、今からじゃもう遅いですね。。。

レンズベビーは一般的なレンズとは操作方法が結構違って、ピントが合う場所に被写体をきっちり持ってこれるかどうかが目視しても難しいんですが、撮った後に丁寧にプレビューで確認しながら撮ればなんとかなるのです(^^)

リンクし忘れてましたが、この時撮った写真を既にアップしてました(こちらです)
山奥で森に囲まれた沼が一面真っ白になっている光景は素晴らしいもので、しばらく夢中になって撮っていたのでした。

ボーネルンドのおもちゃでオーボールっていうのがありますが、最近、これいいかも、って嫁さんがWebで見つけたのでそのうち買おうかと思ってたところでした。
木のオモチャも良さげですね(^o^)


>ピュンピュン丸さん
東京の喧騒を離れて北国へ旅立つのもまた楽しからずや、ですよ(^-^)
確かに雪国の冬は寒いし雪をなんとかしなくちゃいけないし、結構大変ですからね(^_^)
でも私はそのうち実家の方に帰るつもりでいます。
娘を育てるのには爺ちゃん婆ちゃんがいた方がいいだろうし、何より田舎でのびのび育って欲しいなぁ、なんて思うわけです。
私の実家の周辺も宅地化が進んできたのでのびのびもできなくなってきましたけど。。。
なんと今ではトイレが水洗になってるのでありました。

投稿: chao | 2008年12月11日 (木) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/26065906

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の立ち木:

« 都会のハレの雪だるま | トップページ | うさぎの足跡 »