« 八重矢車草と雪 | トップページ | 風前の灯火 »

2008年12月26日 (金)

ジョウビタキ現る

今日の昼は仙台駅東口近辺を散策してましたが、杭の上に何やら小鳥が止まっているのを発見、

よく見てみるとスズメではなくジョウビタキのメスではないですか\(^o^)/

カメラを取り出して撮ろうとしたものの、ストラップが絡まってなかなか外れなくて、早く外したいと焦れば焦るほどに外れないもので(;_;)

しばし外すのに苦しんでようやく外してから撮りましたが、ジョウビタキは杭の上にしばらく止まっていてくれたのでした。

もうこちらに渡ってくる時期になったんだなぁ、となんだか嬉しくなったのでした(^^)

撮影:2008/12/26

|

« 八重矢車草と雪 | トップページ | 風前の灯火 »

」カテゴリの記事

コメント

ジョウビタキって、こんなトリなんですね。
愛らしいこと。

うちんちのドラゴン兄は野鳥の会の人。
ナンダか、いっつも蘊蓄たらたらですが、
わからないトリを見つけたときには、
役に立ったりしますw。野草とかもね。

chaoさんも詳しそうですね。鳥も花も。
慌てながらカメラを構えるchaoさんを想像して、
ちょっと、笑ってしまいました。
待っててくれて良かったですね。
ジョウビタキもやさすいさんのよう。

投稿: 裏香織 | 2008年12月27日 (土) 10時19分

>裏香織さん
すんごく可愛い鳥なんですよ(^^)
オスはもっと派手な色をしています。
スズメやハトとは違ってなかなか近くでは見ることができないので、撮る時はそこそこ望遠のレンズが必須なのでした。
こんなに小さな鳥なのに、ユーラシア大陸からやってくるんですよ(@_@)

私は鳥の知識はほとんど無かったんですが、西公園でいろんな鳥を撮影しては調べていくうちに少しずつ知識も増えていきました。
でも、本腰を入れては鳥の撮影をしてないので、まだまだ半端な知識でしかありません(^^;
何故かというと、鳥の撮影には大きな望遠レンズが必要になってくることが多く、
そういうレンズは極めて高価なのでありました。。。

こちらに気づいてないそぶりをしつつ、こちらが撮るまで待っててくれたんですかね~
今までの経験では大概は逃げられてしまっていましたが、なんとやさしいジョウビタキなんでしょうか(^o^)

投稿: chao | 2008年12月27日 (土) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/26530480

この記事へのトラックバック一覧です: ジョウビタキ現る:

« 八重矢車草と雪 | トップページ | 風前の灯火 »