« 冬の立ち木 | トップページ | 月明かり »

2008年12月10日 (水)

うさぎの足跡

今日も写真がほとんど撮れませんでしたので、またまた過去の写真からです。

五能線の撮影の帰り際、確か鶴田村の鶴の舞橋を見に行ってきたんだと思いますが、その近くで野うさぎの足跡を見つけたのでした。

何故だか鶴の舞橋の写真は残ってないんですよね。

そこまでは雪が深くて行けなかったのか、絵になる風景が撮れなかったのか、もう忘れてしまいました(^_^ゞ

撮影:2006/01/02

|

« 冬の立ち木 | トップページ | 月明かり »

」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
↓の記事で、雪の木立の風景を見せていただき、鳥肌立ちました。
水墨画程には枯れていなくて、風景画程には押しつけがましくなくて。
侵襲性ということに、いつも敏感にならなくてはいけない仕事柄、
そうか、chaoさんの写真に癒されるのは、それがないからだ・・・
と思ったりしてます。勝手な感想でごめんなさいね。

鶴の舞橋・・・素敵なネーミング。
三連太鼓橋では日本一長い木橋と来たら、見に行きたくなっちゃう!

そうそう、オモチャはね。
赤ちゃんの成長は早いから、すこ~し先でも使えそうなものがいいかもですw。
漢子は、お風呂の水遊びのオモチャも楽しんでましたな。
水車がくるくる回って・・・木製じゃないけれど。色もカラフルで。
ボーネルンドのオモチャは優れたものが多い気がします。
友人が、勤めていたからかなぁ?うふふ。

投稿: 裏香織 | 2008年12月11日 (木) 07時37分

>裏香織さん
私にはもったいないコメントを頂いてしまって、恐縮至極であります(^^;
侵襲性、って聞き慣れない言葉なので合ってるかどうかイマイチ不安ですが、
心の中に土足でずかずか入り込むような度合い、という精神的な意味合いの言葉として以下に書き込みします。
これは私が対人関係で最も気にすることでもあるんですが、
相手の人がこちらの言ったことをどう捉えるか、ものすごく気になってしまう性質なので、
調子に乗って多くのことをしゃべると後で落ち込むことがありました。
そのくせ吟味して言葉を選ばないからポロっと言葉を出してからアッ、と思うという(^^;;;
なので、学習もせずにとっても回りくどい言い方をすることが多い私なのでありました。。。
つまらないこと書いてしまいましたが、ひょっとしたらそんな内面性が写真にも反映されるのかしら、と、裏香織さんのコメントで思った次第です。

鶴の舞橋って木でできてるのがいいですね。
橋の上を歩いた時の音が何ともいえません(^^)

テツコのオモチャのアドバイスありがとうございますです。
最近、あれ程までに喜んでいたお風呂なのに、あまり喜ばなくなってしまって、
ちょっと飽きてきた頃かもしれないので、ここはオモチャでお風呂の地位を挽回しようか、なんて思いました。
ご友人はボーネルンドにお勤めだったんですね。
しかし店舗一覧見てみたら東北は完全無視ですね(;_;)
まぁ、通販できるのでいいんですが(^^;

投稿: chao | 2008年12月11日 (木) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/26091489

この記事へのトラックバック一覧です: うさぎの足跡:

« 冬の立ち木 | トップページ | 月明かり »