« 赤い万華鏡 | トップページ | ジャンプ一番 »

2008年11月12日 (水)

ウメモドキの実3

今日は天気が曇りだったので、ウメモドキでも撮ろうかな、と思ってまた撮ってきました。

暗いとシャッタースピードが遅くて、ブレブレな写真を量産してしまいました(>_<)

『暗いと不平を言うよりも、進んで灯りをつけましょう』という言葉を昔TVで聞いた覚えがありますが、フラッシュ焚いてもよかったかな(^^;

撮影:2008/11/12

|

« 赤い万華鏡 | トップページ | ジャンプ一番 »

」カテゴリの記事

コメント

鈴なりの実もあったでしょうに。
独りの実に焦点を絞ったのでしょうか。

枯れさせてしまったウメモドキを思い出しました。

で、センセイ。実のまわりを浮遊している
お月様の残像のようなモノは、なんでございましょ。

ウメモドキの精?

投稿: 裏香織 | 2008年11月13日 (木) 09時22分

ほとんどの実は、身を(実を?)寄せ合って集まっている感じですが、
こういう単独の実を撮るのが好きなんです。
ウメモドキ、小さな実がかわいいのでまたチャレンジしてみるのもいいかもしれませんよ(^^)

後ろの白丸は、木々の隙間から少しだけ見える曇り空なのです。
被写体のウメモドキをカメラに極近い位置で撮ると、背景は大きく暈されるんですが(これが後ボケです)、
暗い背景に少しだけ光が入ったりすると、その光の部分が丸くなって写るわけなんです。
ある程度、フィルムかセンサーの大きさが大きくないとできないので、携帯や小さいカメラでは難しいかもしれませんが、
小さい物を大写しにするマクロ撮影をする時はすごく近づいて撮るので、小さいカメラでもできなくはないかもですよ(^-^)

投稿: chao | 2008年11月13日 (木) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/25274112

この記事へのトラックバック一覧です: ウメモドキの実3:

« 赤い万華鏡 | トップページ | ジャンプ一番 »