« 秋色に包まれて | トップページ | かくれんぼ »

2008年11月14日 (金)

なかよし

緑の背景が綺麗だなぁ、と思ったので、赤いもみじを2枚だけ選んでパシャリ。

しかし赤いもみじにピントを合わせたつもりが、若干ピントがずれたようになっていました。

18-200mmの周辺画像は流れることがよくあるので、18-200mmでは仕方ないのかもしれませんが。。。

今度晴れたら、80-200mmを持参しようと心に決めたのでありました。

撮影:2008/11/14

|

« 秋色に包まれて | トップページ | かくれんぼ »

葉っぱ」カテゴリの記事

コメント

これも、好みの画像なのですが・・・

センセイ。素人には「18-200mmの周辺画像は流れることがよくある」とか、「80-200mmを持参しようと心に決めた」とか言われましても。

なんの事やら~わかりませんのです。さては、望遠レンズ?

投稿: 裏香織 | 2008年11月15日 (土) 07時42分

こんばんわ。
この写真、自分は好きなつくりですよ〜。
もみじも2枚ならんでカワイイ構図です。
18-200での撮影なんですね、このブログサイズで見る限りはなかなかの表現!
chaoさんの腕もあってのことですが、ちょっとこのレンズはネガティブ要素ばかり見ていたので
なんか見直してしまいました。
80-200の方の絵も楽しみにしていますね。(∩.∩)

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年11月15日 (土) 19時00分

>裏香織さん
長さだけ書かれたものを見ても、解らない人にはチンプンカンプンですよね(^^;
18-200mmとはこちらのレンズのことで、80-200mmとはこちらのレンズのことなのです。
いつもは、ズームの倍率が大きい割りにはコンパクトな18-200mmを持ち歩いているんですが、もっと綺麗な絵が撮れる(かもしれない)重くて大きな80-200mmを持っていこうかな?と思ったのでした。

それから、レンズって曲面なので平面のセンサーやフィルムの全ての面できちんとピントを合わせられるのはレンズメーカー各社の技術と努力の賜物だと思うのですが、倍率が大きなレンズや広角レンズでは画像の真ん中辺はきっちりと見たままに写り込んでも、画像の周辺は流れたように写ってしまうことがあるのです。
実際は単なるピンボケなのにレンズの所為にするのに便利な言い訳にもなります(^^;;;


>ピュンピュン丸さん
ひょっとしたら単なるピンボケだったかもしれません。
他の写真を見てみると、きちんと結像している写真もあったりしますから(^^;

18-200mmは画質がそこそこシャープで、AF-SなのにAFは大して早くはないしで我慢しなくちゃいけない部分はありますが、オールマイティに使えるレンズですね。VRが付いて初めて持ち歩いてもいいかな、と思えるレンズではあります。
個人的には後で画像をがらっと調整してしまうこともあるので、色味は特に問題視してないです。
このレンズは、とにかく撮りたいと思った絵をすかさずレンズ交換無しで撮れるというのがいいところです(^^)
でも使い慣れると一気にズボラになっていく危険性を秘めたレンズでもあります(^^;

投稿: chao | 2008年11月15日 (土) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/25333818

この記事へのトラックバック一覧です: なかよし:

« 秋色に包まれて | トップページ | かくれんぼ »