« 興味津々 | トップページ | 小屋の秋 »

2008年11月18日 (火)

黄金色と紅葉

なかなか晴れてくれないので、なかなか80-200mmを持ち出せずにいます。

でもこの写真の撮影データを見ると、150mm ISO200 f5.6 1/160秒 となっていて、f2.8 だと 1/640秒ではないですか。

明日は持って行こうっと(^^;

撮影:2008/11/18

|

« 興味津々 | トップページ | 小屋の秋 »

」カテゴリの記事

葉っぱ」カテゴリの記事

コメント

でも重たいんですよねー、Fの明るいレンズ(爆)

仕上がりはシャープで重さに見合った分の働きはするんですが。。。

でもこのカット、きれいですねー

投稿: 水無月 | 2008年11月18日 (火) 23時17分

あっ。専門家さん同士の会話が始まる。
逃げろっ。

コソコソ帰ってきて・・・重いんですか。80-200mm
それは、重量?それとも別のなにか?
撮影データも難解。

んでも画像は美し。それがすべて。うん。

投稿: 裏香織 | 2008年11月19日 (水) 10時23分

>水無月さん
今日はバッグに80-200mmを忍ばせてきましたが、いつもよりも約1kg重いのはちょっと堪えました(^^;
しかし暗いわ、雨は降るわ、風が強いわ、寒いわで、ほとんどまともな撮影ができませんでした(>_<)
この写真を撮ったときに使ったのは18-200mmでしたが、このレンズもなかなかいい働きをしてくれますね(^^)

投稿: chao | 2008年11月19日 (水) 21時23分

キレイでいいですね。
なんといいますか、パステル調のような、それでいて和風な雰囲気ですね。
いわれなければF値のことなど、見ているほうは気になりません。しかし、撮影しているほうは、「明るいレンズだったら・・・」とつい考えてしまうところが、カメラを趣味とするもののサガでしょうか。。。

投稿: hantomo | 2008年11月19日 (水) 21時58分

>裏香織さん
80-200mmは、とっても重いんです。カタログを見ると、1580gもあります。
いつも使ってる18-200mmは560gですから、1kgも違いますね。
重くて良いレンズだからといっていい写真が撮れるかどうかはまた別問題なわけですが(^^;

ズームレンズの一般的な傾向として、重いレンズ程、暗い場所でもシャッタースピードを早くできてブレを防げるわけなんですが、やはり重いというのはネックになります。
軽いレンズは暗い場所で不利ではあるんですが、今時のレンズには手ブレ補正なんていう便利な機能が付いてますから、デメリットもそんなに気になりません。
実は80-200mmというレンズは1世代前のレンズでして、最新型のレンズには手ブレ補正も付いててさらに暗い場所でもOKという、鬼に金棒なレンズなのであります。当然欲しい訳なんですが、そこは高いプライスに阻まれて、一生手にすることはないんではないかという。。。

小難しいことは気にせずに(ってすぐ上に書いちゃいましたが ^^;)、写真を見てもらえればと思います。


>hantomoさん
背景にイチョウを選んでみたので、ちょっとポップな感じもしますね。
もしこの写真を絞りf2.8で撮っていたら背景はさらにぼやけた感じになりますが、それがいいかというと、そうとも限らないわけでして、それが難しいところです。。。
でも多分絞り開放で撮っちゃうんでしょうけどね(^^;
やはり明るいレンズはファインダーを覗いてて気持ち良いというのがありますね。長時間上を向いて撮るのはちょっときついですが(^^;;;

投稿: chao | 2008年11月20日 (木) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/25456449

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金色と紅葉:

« 興味津々 | トップページ | 小屋の秋 »