« 松山町コスモス園のコスモス | トップページ | アリさんおいで »

2008年10月 4日 (土)

幻の「人車」

園内を『コ』の字状に線路が敷かれており、線路上には小さな客車を2人で押して歩く「人車」という乗り物がありました。

看板には『幻の「人車」 1人1回200円』と書いてありました。

「幻」というからには、何か事情があった客車なんでしょうね。。。

撮影:2008/10/04

|

« 松山町コスモス園のコスモス | トップページ | アリさんおいで »

」カテゴリの記事

コメント

何人もの人が乗った車両をたった二人で押すのでしょうか。
2人で力を合わせても1馬力にも満たないと思うのですが、なんだか気の毒です。。。
一応、自分も明日行ってみようかなと、地図とにらめっこしてます(^^)
寝坊したらどうしよう(汗)

投稿: hantomo | 2008年10月 4日 (土) 22時52分

はじめましてhappy01
以前、大船渡線や気仙沼線の画像を拝見したのをきっかけに、毎日拝見しております。私もカメラはちょっとやるのですが、綺麗なお写真に毎日見とれており、勉強させてもらっております。
私も先月子供が生まれたばかりなので、そういった意味でも親しみを感じておりました。ちなみにウチは男の子です

お写真の場所には行ったことはないのですが、かつて大正11年~昭和5年まで松山~千石間2.5kmを結んでいた「松山人車軌道」という路線を再現した施設のようですね。

投稿: リアスの汽笛 | 2008年10月 5日 (日) 00時09分

どこか他のアジアの国の写真を見ている様な感じですねぇ。
hantomoさんが書かれているように、何人乗っても2人だけで押すのかしらん・・・。( ̄▽ ̄;)
色がカワイイ車両で、子供達は喜びそうだなぁ。

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年10月 5日 (日) 00時58分

>hantomoさん
この客車は長さ2mくらいの小さなもので、6人も乗れば満員になってしまいます(^^)
なので、2人なら割と楽に押せるのではないかと思いました。
hantomoさん、蒸気機関車の写真の出来映えはどうでしたでしょうか?
写真見るのが楽しみですね(^-^)


>リアスの汽笛さん
はじめまして。
毎日(!)ご覧頂いてありがとうございます。すごく嬉しいですね~(^^)
そして、男の子のご誕生おめでとうございます\(^o^)/
生まれて1ヶ月頃の写真を見ると、あぁこの頃はまだちっちゃかったなぁ、って思います。
ウチは6ヶ月ですが、誕生時の3倍の9kgに増えて、重くて仕方がありません(^^;
これからぐんぐん育って、顔つきもだんだんしっかりしてくるかと思います。
赤ちゃんの成長はホントに早いです。これからのお子さんの成長がホントに楽しみですね(^-^)
夜中に何度も授乳されて奥様共々大変な時期かと思いますが、頑張ってください。

この「人車」は「松山人車軌道」を再現したものだったんですね。
実際に人が手で押していた時代があったとは、その頃は時間の感覚ものんびりとしたものだったんでしょうね。


>ピュンピュン丸さん
菅笠がなんとなくアジアな雰囲気を彷彿とさせますね(^^)
上のhantomoさんへのコメントのところで書きましたが、小さい客車なので2人でも押せそうです。
当時、坂道なんかもあったでしょうから、そういうところはキツイでしょうけど(^^;
下り坂は2人とも客車に乗って、ブレーキ掛けてスピードを調節しながら下りていったんでしょうね。
子供たちが乗ってるところを何度も見ましたが、みんな喜んでましたね~(^o^)

投稿: chao | 2008年10月 5日 (日) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/24262886

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の「人車」:

« 松山町コスモス園のコスモス | トップページ | アリさんおいで »