« 黒石のこみせ | トップページ | モンシロチョウ飛んだ »

2008年8月 2日 (土)

ねぷた運行前の様子

弘前ねぷたの運行前に、北大通りに陣取るねぷたの列です。

昼のねぷたをこうして見て歩くのもまた面白いですよ(^^)

撮影:2005/08/06

|

« 黒石のこみせ | トップページ | モンシロチョウ飛んだ »

祭り」カテゴリの記事

コメント

昼のねぷたの山車ってはじめて見たような気がします。
夜、灯が入って幻想的な光景を見せてくれるんですよねぇ。
仙台の七夕も、このねぷた祭もTVでしか見たことがないので
いつかは生で見てみたいっす。

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年8月 3日 (日) 20時58分

昼間のねぷたは、実のところ、ちょっと味気ない感じがしないでもありませんが、夜とはまた違った雰囲気を味わえますよ(^^)
夜の弘前のねぷたは囃子の調子に乗って、幻想的な光景が繰り広げられます。囃子は出陣と帰りの2種類があって、出陣は「ヤーヤドー」の勇壮な掛け声と共に厳かな笛太鼓が、帰りの囃子はどこかセンチメンタルな感情を呼び起こす笛の音が印象的です。
観光客の方々は出陣の囃子だけ聞いて帰られる方が多いのではないかと思いますが、帰りの囃子も聞かれることをオススメします。
帰りの囃子は運行ルートの最終地点からそれぞれの町会の拠点に帰るときに聞けますよ。
その日の運行が終わって帰る途中のため、囃子がなおざりになりがちなので、ルートの最終地点付近で見るのがいいかな?と思います。

青森のねぶた祭りは東北の夏祭りの中でも一番人気のようで、情熱的な「ラッセラー」の掛け声と共に全身を使って踊るダイナミックさがいいんでしょうね。
ねぶたそのものもかなり大きくて迫力がありますしね。
青森のねぶたは、私は3年前に1度見たことがあるだけなんですけどね(^^;

仙台の七夕は、飾りが綺麗で写真に撮るのが結構楽しいですが、動きは無いですね。
実は13年仙台に住んでますが、七夕まつりを見るようになったのは2年前からだったりしますf(^^;

コメントの内容が弘前のねぷたに偏ってますが、元地元民ということで割り引いて読んでくださいね(^^;;;

投稿: chao | 2008年8月 3日 (日) 22時38分

懐かしいです。
弘前に住んでいたとき、弘前城脇の発注者の打ち合わせ後、夕方に出発前のねぷたを見ることができました。
実際の運行はまたこれもようのですが、集発前の皆期待にあふれた人々の顔は活き活きとしていました。
あと、子供がきんぎょねぷたに幼稚園で参加したしたのも、いい思い出です。
夏祭りはいいですね。

投稿: YASUZIRO | 2008年8月 4日 (月) 17時42分

>YASUZIROさん
YASUZIROさんも運行前の様子を見られてましたか~
いよいよもうすぐ本番が始まる、というその期待感が顔に出てくるんでしょうね(^^)
お子さんが幼稚園できんぎょねぷたに参加できたのは本当にいい思い出でしたね。
私も小さい頃にはねぷたを引いて土手町を歩いたり(父親の会社が清水森にあったのでそっちに行って、建設業なのでYASUZIROさんはひょっとしたらご存知かも)、中学校の学園祭で引くねぷたを作ったり、いろいろと思い出があって、毎年今頃になると思い出します。

投稿: chao | 2008年8月 5日 (火) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/22734959

この記事へのトラックバック一覧です: ねぷた運行前の様子:

« 黒石のこみせ | トップページ | モンシロチョウ飛んだ »