« ゴロン | トップページ | 気仙沼線 本吉-陸前小泉 (津谷川・PC橋・キハ48) »

2008年7月19日 (土)

我が家のポニョ

今日は映画「崖の上のポニョ」が公開されたそうです。

見たいなぁ、と思ったりしますが、映画なんてしばらく観れませんねぇ。。。

難解な映画ってなかなか受け入れられないようですが、宮崎監督が興行収入のことなど気にせず思いの丈をぶつけて作れるのなら、そんな映画を見てみたいです。もうそんなのは無理なのかなぁ。

さて、我が家にもポニョがおりまして、時々こんな風に首を上げてニッコリしてくれるのでした(^^)

撮影:2008/07/19

|

« ゴロン | トップページ | 気仙沼線 本吉-陸前小泉 (津谷川・PC橋・キハ48) »

」カテゴリの記事

コメント

おお~、ポニョに似てますね~(^^)

宮崎監督の映画で一番記憶に残っているのは、ルパン三世・カリオストロの城です。テレビでは未来少年コナンでしょうか。いずれも10代のころですから、それこそ釘付けになって観ました。
結局最初のころの作品のほうが、心に残っているような気がします・・・

投稿: hantomo | 2008年7月19日 (土) 22時58分

12-24mmを使って撮り始めたら、一番手前にある顔が大きく写って、後ろ側の物は小さく写るという広角レンズの特徴に今更ながらに気づいたのでした。
ちょっとポニョに似てるなぁ、と思ったのでネタにしてみました(^^;
カリオストロの城は傑作ですよね!
そういえば、高校の同級生がルパン三世のテレビの最終話とその1つ前の回を録画したビデオを持ってたのでそれを借りて観ましたが、それが宮崎監督作品だったので驚いたことがありました。
ラピュタに出てくるロボットが出てたりして面白かったです(^^)
実は「もののけ姫」より後の作品を観てなかったりするので、最近のはどんなのか観てみたいんです。
そのうちDVD借りて観ようかな?

投稿: chao | 2008年7月20日 (日) 12時50分

おばんです。
随分娘さん大きくなりましたねー
もっともっともっとかわいくなっていきますぜ!

宮崎さんといえば、自分的にはラピュタですね。
細かいところの描写もそうだし、ストーリー的にもワクワクドキドキ(ひこーせきほすい)
シータみたいな娘がほすい親父であります(爆)
カリ城も何十回見たかなぁ…
こないだ見たゲドが今ひとつだっただけに、昔のジブリモノが光り輝いて見えます。

ああ、ハイジに三千里… ああいう情熱を感じる作品って今見ても飽きないですね。

追伸)息子と私の共通意見=ナウシカの原作をアニメにしないかなぁ…(絶対無理)

投稿: 水無月 | 2008年7月21日 (月) 01時42分

テツコは標準よりも太り気味のようで、太ももなんか文字通り太くなってしまってます(^^;
そろそろオムツもSサイズが小さく感じられてきて、Mサイズに移行しようかと思っているところです。
今で十分カワイイなぁ、なんて思ってますが、まだまだですか?
意思の疎通ができたように感じられたときがすごくうれしいので(勘違いかもしれませんが^^;)、会話ができるようになったら飛び上がって天井に頭ぶつけそうです。。。
とりあえず、PCの机の周囲がゴチャゴチャなのでハイハイ対策で整理しないといけないんですが、いつやろうかなぁf(^^;

宮崎監督の持ってる少女のイメージって、聡明で感受性が強くて意志が固くて、ちょっとおてんばで、根が明るくて、、、ん~、ウチの娘がこうだったら"ぱーふぇくと"ですね(^^)
でもそうじゃなかったとしても全然OKなんで、ただただ元気に育って欲しいなぁ、と。
最近のジブリの作品って、なんだか観客(スポンサー?)におもねって作っているように感ぜられて、観ようという気がしなくなってしまっていました。
でも「もののけ姫」より後の一連の作品を一度観てみたいですね。

ナウシカの原作の映画化ですか!そりゃ超大作ですね(^^)
個人的にナウシカの原作は今までに読んだ漫画の中でダントツの一番なので、それができたらメチャクチャ嬉しいですが。。。

投稿: chao | 2008年7月21日 (月) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/22410850

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のポニョ:

« ゴロン | トップページ | 気仙沼線 本吉-陸前小泉 (津谷川・PC橋・キハ48) »