« 梅の花 | トップページ | 尾崎神社の狛犬 »

2008年3月10日 (月)

気仙沼線 大谷海岸駅 (プラットホーム・キハ110)

大谷海岸駅のプラットホームには、本吉町のシンボルの「マンボウ」が描かれています。

マンボウはこの大谷海岸駅の建物の中の水槽で泳いでるときもあるんですが(こちら)、1年のうち、何日も泳いでないみたいです。。。

撮影:2008/03/08

|

« 梅の花 | トップページ | 尾崎神社の狛犬 »

ローカル線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

JR 気仙沼線」カテゴリの記事

コメント

マンボウって不思議な魚っすよねぇ・・・。
何でこんなに大きく、こんな妙なカタチになったんだか・・・。
それにしても駅のホームにマンボウの絵があるっていいなぁ、
壁とかだと景観を損ねる可能性もりますが、ホームの地面なら。
色々な地方の駅のホームにも同じようにその土地の特産や名産を
シンボリックに描けば訪れる人が楽しめるのになぁ。

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年3月10日 (月) 22時36分

マンボウって泳ぎがあまり得意じゃないみたいで、方向転換できなくてガラスにぶつかるので内側は網で保護してあるんです。
魚なのに泳ぎが不得手なんて、これも不思議なことです。。。

こういう駅のホームのマスコットの絵というのも降り立った人たちにとっては嬉しいかもしれませんね(^^)
でもWELCOMEの字とマンボウの絵は列車から見て正方向の方がいいような気がするんですけどね(^^;

投稿: chao | 2008年3月10日 (月) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/11158230

この記事へのトラックバック一覧です: 気仙沼線 大谷海岸駅 (プラットホーム・キハ110):

« 梅の花 | トップページ | 尾崎神社の狛犬 »