« 磐越西線 磐梯熱海-中山宿 (青空・D51498) | トップページ | 気仙沼 天旗まつり1 »

2008年2月16日 (土)

磐越西線 東長原-磐梯町 (青空・719系)

こちらは午後のポイントのロケハン中に撮った一枚です。

719系になって、2両編成という列車も運行されるようになったんですね。

結構立ってる人がいるんですが、4両編成にはできないもんでしょうかね。。。

撮る分には2両でちょうど良かった訳なんですが(^^;

撮影:2008/02/11

|

« 磐越西線 磐梯熱海-中山宿 (青空・D51498) | トップページ | 気仙沼 天旗まつり1 »

ローカル線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

JR 磐越西線」カテゴリの記事

コメント

おばんです。
先日常磐線に行く701系2両編成を見ましたし、721が入った当初は4両編成で計算上事足りるとのことで本線を走らせたようで(汗)
どうも仙台支社はなめきっているとしか思えません。

さすがに721×4両での朝夕は利用者から総スカンだったようで6両にしたようですが。

経営効率優先でギチギチに押し込められるのは勘弁して欲しいです。

投稿: 水無月 | 2008年2月16日 (土) 23時36分

あ゛、トップのシゴナナ、かっこいいですね(^^)

投稿: 水無月 | 2008年2月16日 (土) 23時38分

まず民間の会社という以前に、公共の輸送手段を提供しているということを忘れてしまっているんでしょうかね。
あるいは最低限度の輸送力を確保しておいて、後はクレームが出たらその都度増強する、なんてことを考えていたとしたら最悪ですね。。。。

トップの画像は以前ホームページに使ってたのを使いまわしてみました。
いかにも手作りなレイアウトから、ちょっとずつ進歩していければと思ってます(^^)

投稿: chao | 2008年2月17日 (日) 21時23分

一昨日、只見線を磐越西線経由で乗りに行ったとき、会津若松駅にはクハ+クモハ+クハ+クモハ+クハ+クモハと言う6連の719(あかべぇ)や、クハ+クモハ+クハ+クモハと言う4連の719(あかべぇ)がいました。
当然、クハ+クモハの2連の719(あかべぇ)もいました。

投稿: 通りすがりの名無し | 2009年4月 1日 (水) 12時38分

>通りすがりの名無しさん
どうもはじめまして、コメントありがとうございます。
4連、6連の719も走っているんですね。
私自身、磐越西線は何度となく利用したことがありますが、
ある日の郡山駅発の新幹線からの接続の列車が3両(当時455系でした)で激混みだったので、
どうして6両にしないんだろなぁ、と疑問に思ったことがありました。
今はどうなのかは全然知らないんですけどねf(^^;
そんな訳で、編成の数が少なくて十分な運用ができないのか、本当のところの事情は全く解りませんが、
なんとか利便性を高めて欲しいものだなぁ、と思ったのでした。

投稿: chao | 2009年4月 1日 (水) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/10552564

この記事へのトラックバック一覧です: 磐越西線 東長原-磐梯町 (青空・719系):

« 磐越西線 磐梯熱海-中山宿 (青空・D51498) | トップページ | 気仙沼 天旗まつり1 »