« 沼沢湖の風景 | トップページ | 花見山の花々 »

2007年12月30日 (日)

くりはら田園鉄道 鶯沢-尾松

3月にはくりはら田園鉄道が廃止になり、最後の日には大勢の人が詰め掛けて別れを惜しんだのでした。

非効率なものがどんどん淘汰されていく、厳しい現実を突きつけられた思いがします。

地域の特色が失われて画一化が加速していく昨今、我々が後世に伝えるべき遺産は何なのか、それがモノには限りませんが、よく吟味していく必要があるのではないかと思ったのでした。

撮影:2007/03/31

|

« 沼沢湖の風景 | トップページ | 花見山の花々 »

くりはら田園鉄道」カテゴリの記事

ローカル線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

夕暮れ時でしょうか。
ライトの光が線路に反射して、ラストランの何とも言えない情感が伝わってきます。
列車には、生活と密着しているからなのでしょうか、車や飛行機とはひと味違ったものがありますね。列車を見ればその時代の古い記憶がよみがえるようです。

さて、2007年もあと2時間となりました。
また来年も宜しくお願いします。

投稿: hantomo | 2007年12月31日 (月) 21時57分

くりでん最後の日は、当初は行かずに他の人の写真などで見届けるつもりだったんですが、結局行ってしまったのでした(^^;
もうあの線路を走っていないと思うと、切ない感情が湧き出てきますね。。。
個人的には鉄道写真は、記録よりはアートとしての写真を撮ろうと心がけているつもりですが、撮った写真を見るとその頃しか走っていなかった列車が写っていたりして、ちょっと感傷的になったりもします。

こちらこそ来年もまたよろしくお願いします(^^)

投稿: chao | 2007年12月31日 (月) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/9638442

この記事へのトラックバック一覧です: くりはら田園鉄道 鶯沢-尾松:

« 沼沢湖の風景 | トップページ | 花見山の花々 »