« フクのジャンプ | トップページ | 仙台光のページェント試験点灯1 »

2007年12月 4日 (火)

気仙沼線 小金沢-大谷海岸 (曇り空・日門漁港・キハ110)

今度は3両編成にも対応できるアングルにしてみました(^^;

撮影:2007/12/02

|

« フクのジャンプ | トップページ | 仙台光のページェント試験点灯1 »

ローカル線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

JR 気仙沼線」カテゴリの記事

コメント

毎日拝見していたのですが、またまたコメントがご無沙汰でした。
すいません^^;
このアングルも広角使用なんでしょうか?
先頭車両(後部車両?)が何かラッピングしていますね。
しかしこの車両はJR化後の車両なのに
東日本のどの路線でも絵になるような感じがします。
(前も書いたかな?)
私もこの前の大井川撮影で、普通電車は2両って
わかっているのにケツ切れさせちゃいました^^;

投稿: まてゅー | 2007年12月 4日 (火) 22時21分

いえいえ、コメントはできるときだけで構わないですよ(^^)
この写真は12mm(35mm換算で18mm)の広角です。前の写真は17mm(同25.5mm)でした。
広角にすると空の描写を複雑にできるので、曇り空でものっぺりとした印象を避けることができるのがいいですね。
後ろの車両は仙台・宮城デスティネーションキャンペーンのラッピングをしています。
この「むすび丸」というキャラクターは結構好きなんですよね(^^)
キハ100,110系は、鉄暦の浅い自分にとってはローカル気動車の原体験となる列車(釜石線でした)ということもあって、良い印象を持ってます。
画面に列車が収まりきれないアングルというのはたまにやっちゃいますよね(^^;

投稿: chao | 2007年12月 4日 (火) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/9253237

この記事へのトラックバック一覧です: 気仙沼線 小金沢-大谷海岸 (曇り空・日門漁港・キハ110):

« フクのジャンプ | トップページ | 仙台光のページェント試験点灯1 »