« 四つ葉の三兄弟 | トップページ | 只見線 郷戸-会津柳津 »

2007年5月23日 (水)

只見線 会津桧原-会津西方

夕方頃に只見川第一橋梁を俯瞰するべく鉄塔へと登ってみました。

付近には明日の撮影のためか三脚がいくつか置いてありました。

このときは同業者は無く、一人でこの雄大な景色を堪能したのでした(^^)

撮影:2007/05/19

|

« 四つ葉の三兄弟 | トップページ | 只見線 郷戸-会津柳津 »

ローカル線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

JR 只見線」カテゴリの記事

コメント

何て素敵な光景でしょう!そしてこの景色を一人締めだったんですね。
良いなー!この時期の緑を体で感じるすばらしい写真ですね。「おーい!」って叫びたい気分になりました。清々しいです。

投稿: 鉄代 | 2007年5月24日 (木) 08時38分

ほんとに素晴らしい景色なんですが、ここまで来るには7分くらいかけてきつい上り坂を登らなければなりません。
このときは雨が降った後だったので、ぬかるみになっていて登り下りに難儀しました。
日はもう沈んだかのように薄暗くなっていてどういう雰囲気になるか心配でしたが、
こういう青っぽい色になるのも悪くないですね。

投稿: chao | 2007年5月24日 (木) 22時45分

キハ撮りやっててよかったなぁ、と思うのは、好きな景色を独り占めできること。
蒸機の後の静けさも好きでして、有名どころに行っても好きなようにポジションどりできるし。
以前釜石線の俯瞰ポイントで場所取りのけんかを見たことがあります。
それ以来、イベントで人の多いところには近づきたくないのでした(^^ゞ

ああ、日曜帰る際に429撮るんだったなぁ… 一橋で

投稿: 水無月 | 2007年5月24日 (木) 22時58分

私は本業(?)は蒸気ですが、沢山の人&追っかけのせわしなさはどうしてもついてまわるので
そこはもう諦めてます(^_^;
でもキハを撮る時は他の人に煩わされることが少ないのがいいですね。
以前、陸東のC57&つばさの並走を撮るところ(新庄の発車)で怒声、罵声が飛び交ったことがありましたが、
やはり人が沢山いるところで撮るのはできるだけ止そうと思いました。
一橋、只見線に行ったら一度は撮ってきてしまいます(^^;

投稿: chao | 2007年5月25日 (金) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/6527650

この記事へのトラックバック一覧です: 只見線 会津桧原-会津西方:

« 四つ葉の三兄弟 | トップページ | 只見線 郷戸-会津柳津 »