« 冬の沼沢湖 | トップページ | 花輪線 八幡平-湯瀬温泉 »

2007年2月27日 (火)

圓蔵寺の仁王様

福満虚空蔵尊圓蔵寺の門におわします、口を開けた阿形の仁王様です。

寺を守るために怒りの表情で外敵を寄せ付けないようにしてるんでしょうかねー(^^)

撮影:2007/02/11

|

« 冬の沼沢湖 | トップページ | 花輪線 八幡平-湯瀬温泉 »

史跡・神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

仁王様が怒りの形相でいらっしゃるのは
自分の気持ちを奮い起たせる為だそうですよ~
形相ではなく気合で外敵を威嚇しているのですね~。^ ^

投稿: べぃじゅ | 2007年2月27日 (火) 20時38分

お、これはこれはお久しぶりです(^^)
なんと、仁王様は怒ってる顔を作ってあしらってる訳ではなかったんですねー。
意気が自ずから怒りの表情として現れたというのは、さすがは寺を守護する仁王様だなぁ、と思いました(^-^)

投稿: chao | 2007年2月27日 (火) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の沼沢湖 | トップページ | 花輪線 八幡平-湯瀬温泉 »