« 斜陽館 洋間 | トップページ | 津軽鉄道 金木-嘉瀬 »

2006年9月 4日 (月)

斜陽館 和室

ふすま、欄間、床の間、見るもの全てが美術品か?というくらいに豪華です。

しかし和室っていうのは居ると落ち着くものです。

撮影:2006/09/02

|

« 斜陽館 洋間 | トップページ | 津軽鉄道 金木-嘉瀬 »

建築」カテゴリの記事

コメント

ごろんと寝転がれるのが魅力!それで縁側とかあったらワーイっといった気分です。間取り図みました。立派な梁がたくさんあって、ほんと、豪邸ですね。ふすまの模様も、しっとりとした華やかさがいい感じです。

投稿: LANDY | 2006年9月 4日 (月) 23時27分

綺麗な中庭もあって、当然縁側もあるのです。
実は実家にもありますが、床の間があってふすまで仕切られた部屋って、私はなんだか厳かな感じがするんです。

しかし、こんなに広いと掃除がすごく大変そうですね。
そういえばお風呂の浴槽が、蔵の前、板の間寄りにあったのが不思議でした。。。

投稿: chao | 2006年9月 5日 (火) 00時25分

【http://www.goshogawara.net.pref.aomori.jp/16_kanko/dazai/syayoukan.html】5の写真の四角い2つの入れ物みたいの事かしら?だとしたら、これってスゴク落ち着かないような気が…みればみるほど、謎です。

投稿: LANDY | 2006年9月 6日 (水) 22時59分

これが実は違うんです。
間取図で写真の撮影方向を示した[▲6]の左上の辺りを四角く石で囲って浴槽を作ってありました。
何故こんなところに?って思うこと請け合いです。

ちなみにLANDYさんが言われた四角い2つの入れ物みたいなのは、かまどのようですね。

投稿: chao | 2006年9月 7日 (木) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83587/3319608

この記事へのトラックバック一覧です: 斜陽館 和室:

« 斜陽館 洋間 | トップページ | 津軽鉄道 金木-嘉瀬 »